FC2ブログ
クセ毛・ダメージヘアでお困りの方の為のマンツーマン美容室 DO-S取扱店
こんにちは




外暖かく、家の中は寒い。中尾です




ポチ宜しくお願いします
  ↓
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村








はじめての方はこちらを♪

自己紹介


Auraってどんな店?




昨日の続き、解決編を気合を入れて(´・Д・)」

まだ読んでない方はこちらから♪

グルグルと考え込んでしまう反芻思考はとても危険(問題編)

反芻思考ってマジでヤバいから、この機会にしっかりと知識を得ておく事をお勧めするよ|д゚)チラッ




ということで!

だらだら長くしてもアレなので(笑)

いくつか方法をザザッと書きますね(´∀`σ)σ

column16t.jpg




1 集中的に気を逸らす

ネガティブな思考を抑圧するのは時間のムダだから、何か別のことに集中するように意識を向けて気を逸らそう!

「ネガティブな思考をしない」ことに集中すると、余計に頭から離れなくなっちゃうから、

”全く別の何か”を考えてね♪

シロクマには要注意!
(気になる方は、シロクマ リバウンドで検索w)






2 思考を一旦、棚上げする


ネガティブ思考を止めようとするのは無駄だけど、

「あとでまたネガティブな事を考えよう(ノ)’∀`(ヾ)」って感じで、

いったん思考を棚上げするのは、意外と効果的☆

ちょっとまぬけな感じがするけど(笑)

ちょっと休憩して、1時間後にまた考えよう(´∀`*;)ゞ

とかって風に”予定”として処理しちゃうテクニック(爆)

ふざけた感じがするけど、不安症で悩む患者の治療としても使われてる

真っ当な方法なんです!





3 瞑想する

瞑想って聞くとスピリチュアルなイメージを持つ人も多いかもだけど、それは誤った情報!!

Googleなどでもマインドフルネス(瞑想)を採用しているくらいで、

瞑想がどれだけいいのか!!って事を書き出すと3記事くらい書けそうな量になるので

また今度(笑)




4 ひたすら書きだす

とにかくネガティブな思考を頭から外に出すというもの。

友人に話す!でもいいんだけど、なかなか人に話せない悩みってのもあるよね?

だから、ひたすら書きなぐる(爆)

ネガティブな思考・不安だけでなく、自分が今どんな気分なのか?とか、

頭をよぎった事、全てを紙に書き出してみて‼︎

書いてるだけなのに、あら不思議( ゚Д゚)⊃ いつも間にやらスッキリしてる♪ってなるから(*´∀`人 ♪

いっぱいありすぎて、書いてる途中に「めんどくさ…もうどうでもいいわ…」ってなる事も稀にあったり、なかったり(笑)




それでも、不安が消えない時は!\_(・ω・`)ココ重要!

その書いてある内容を、自分の親しい大切な友達から相談されたら、なんて答えるか?(アドバイスするか?)

まで考えてみよう(ノ´▽`*)b☆

書いてある内容は自分の悩みだけど、こうする事で客観的に物事を判断しやすくなるの(*^_^*)b



きっとそこには、考えても仕方のない(答えがない)って内容のオンパレードだと思う(爆)

そんな事…どれだけ悩んだって無駄じゃない?!自分じゃどうしようもない事ばっかりじゃん?!

もしくは、「いやいや、そんな風に考えなくても、こうすれば良くない?」って

新しい発想(選択肢)が生まれたり♪

ってなると思うんだよね!

だけど、頭の中にある内は、それに気づかない…というより気づけない



反芻思考って、判断能力や思考力を奪ってしまうんだΣ(ω |||)

簡単な解決法があるにも関わらず、ネガティブに引っ張られて考える力を失ってしまう・・・

こんな恐ろしい状態に”誰しもがなる可能性がある”ハマれハマる程

抜け出すのに時間がかかってしまうのよ(つД`)ノ


だから・・・あれ?!この感じ・・・反芻思考かもっ?!(゚д゚;)

って早い段階で気づく事が一番の予防になるから、その為に知るというのが重要なんだ(((o(*゚▽゚*)o)))



気づく事に慣れてくれば、

「これはもしや反芻思考では?!いかんいかん、辞めとけ辞めとけ┐(´-`)┌ 」

って感じでヒラリとかわす事が出来るようになりますよ/(^o^)\





LINE@



ご予約・お問い合わせ・質問・ご相談

24時間365日いつでも受付中です☆




QRコードを読み取る





ポチっとして友達になってくださいヽ(´∀`)ノ









LINE@ID

@xsk9463e








ヘアーディレクションAura(アウラ)

0CE8F3D1-1C9B-4B39-BFCB-CC39B6F12985.jpg



〒 920−0343

076−255−3215

(予約制)

お気軽に電話ください
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する